トップ > 軟骨 > 軟骨とヒアルロン酸

軟骨とヒアルロン酸

関節軟骨をつく軟骨細胞は、

軟骨内にシャンペンの気泡のようにあちらこちらに

散らばって存在していますが、

細胞の周辺のみに少量のヒアルロン酸のあることが分かっています。

 

ヒアルロン酸の多くは、関節の内面を覆っている滑膜の細胞が、

関節液とともに産生してできます。

関節を曲げる、関節を踏みつけて圧迫する、などの際にヒアルロン酸は、

関節軟骨の表面と表面の間にできたひだ由来の間隔に挟まり、

大きな分子が圧縮されます。

ヒアルロン酸が圧縮されることで、

関節面を接触しないように押し広げる働きをしています。

このようにして関節軟骨の表面を摩擦により擦り減るのを防いで、

生涯にわたり使いやすい状態に保ち続けています。

変形性膝関節症や関節リウマチでは

関節液の主成分であるヒアルロン酸が酵素の力で壊され、

ヌルヌルしなくなってしまいます。

その場合、新しいヒアルロン酸を注射で関節内に入れますと

痛みが少なくなり、歩きやすくなるのです。

ヒアルロン酸は、納豆のネバネバのような物質で、

自動車のオイルやグリースのような働きもしています。


軟骨

前の記事 | 次の記事

関連記事
関連商品



カテゴリー
更新履歴
グルコサミンとコンドロイチン硫酸(サメ軟骨)の効果
2011年1月23日
グルコサミン・サメ軟骨
2011年1月23日
軟骨腫とは
2011年1月23日
軟骨とヒアルロン酸
2011年1月23日
軟骨とは
2011年1月23日
軟骨生活へようこそ!
2011年1月12日
関連リンク



ドメインとは